提供:週刊実話

写真拡大

 まさしく「ホンマでっか!?」。アイドル橋本環奈(18)の「処女宣言」に、業界が騒然となっている。
 「環奈は7月19日放送のフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演。浮気の話題の際、『あまりピンとこないんですよね』とこぼしたのです。すかさず司会の明石家さんまが『中高時代、好きになった人がいたわけでしょ?』と突っ込むと、『う〜ん、あんまり、今まであんまりそういうような(ことがないんです)…』と否定しました」(放送記者)

 橋本の「恋愛経験ゼロ」告白に、共演者やスタジオは騒然となった。
 「驚いたさんまが『うそやろ!?』とかぶせると、環奈は『片想いっていう話は周りからよく聞くんですけど、あんまりそういう気持ちになったこともないんで…』。さらに、ブラックマヨネーズの吉田敬が『あの人(好きな人)のことを考えて寝られない夜とかは1回もなかったの?』と確認すると、橋本は『ないですね…』と明言。まさに、事実上の“処女宣言”といっていい瞬間でした」(同)

 この発言に色めき立ったのが、ヌード商人や出版関係者、一部カメラマンらだ。
 「すでに大手出版関係者が橋本サイドにオファーを掛けているのは事実。“絶対ヌードを撮る”と関係者は息巻いてます」(スポーツ紙記者)

 橋本といえば、小学生時代から地元福岡で芸能活動を開始。福岡のアイドルユニット『Rev.from DVL』メンバーとして活動していたが、'13年、歌唱中の1枚の写真がネットに拡散し、「奇跡」「1000年に1人の可愛さ」と話題になった。
 「その後、東京での仕事が増え、'16年3月には初主演映画『セーラー服と機関銃-卒業-』が公開。3月にはジャニーズの佐藤勝利とのW主演で『ハルチカ』が公開されるまで人気が拡大した」(芸能関係者)

 東京に活動拠点を移したばかりの彼女だが、いつの間にか“女のカラダ”になってると話題だ。
 「身長こそ152センチと小柄ですが、とにかく胸の成長が著しいと評判です。今や86センチDカップ以上であることは確実。7月14日に行われた出演映画『銀魂』の初日舞台挨拶でも、セクシーな赤の密着ドレスで登場。メロン乳とピーチ尻を堂々と披露し、男性観客をフル勃起させたばかりです」(同)

 本人も“脱・美少女路線”にやる気満々だという。
 「福岡から離れ、かつ高校も卒業し、何でも自由にできる状態になった。橋本自身も“美少女キャラ”で扱われることに疲れており、“みなを驚かせることをして、カラを破りたい”が最近の口癖。実際、公開中の『銀魂』では、白目を剥きながら鼻をほじるシーンにも挑戦するなど、新しい自分を模索している。“処女ヘアヌード”の話にも興味津々との情報もありますから、近いうちに歴史的写真集が発売される可能性は十分ある」(芸能プロ幹部)

 もし橋本が脱げば、'91年、18歳で処女とされた宮沢りえが電撃ヘアヌードになり、155万部の大ヒットを記録した伝説的写真集『サンタフェ』を超える売り上げになるのは間違いない。