メルセデス・ベンツの新型「Sクラス」は、スマートフォンによる遠隔操作で縦列駐車もできる=9日、千葉県市川市(宇野貴文撮影)

写真拡大 (全2枚)

 ドイツ自動車大手ダイムラーの日本法人メルセデス・ベンツ日本は9日、最上級セダン「Sクラス」の新型車の予約注文の受け付けを同日開始したと発表した。

 価格は1128万〜3323万円。9月上旬から順次納車を始める。

 新型車には、スマートフォンと接続して遠隔操作で狭いスペースに駐車したり、ナビゲーションの目的地を設定したりできる機能を新たに搭載した。欧州発のディーゼルエンジン車の排ガス不正疑惑で不信感が募る中、利便性を高めて富裕層の需要開拓を図る。