FC東京MF河野広貴が鳥栖に完全移籍

写真拡大

 サガン鳥栖は9日、FC東京のMF河野広貴(27)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。河野は下部組織時代から過ごした東京Vを離れ、2012年にFC東京へ移籍。昨季はJ1リーグ戦29試合で5得点を挙げる活躍を見せたが、今季はここまでリーグ戦8試合の出場にとどまり、得点もなかった。

 鳥栖のクラブ公式サイトを通じて河野は「自分の持ち味であるドリブルと前線からのプレッシングで攻守に貢献したいと思います。早くチームの一員としてサガン鳥栖の勝利のために闘います」と決意を述べている。

 また、FC東京に対しては「まずは、6年前に移籍加入したとき、温かく迎え入れていただき本当にありがとうございました」と感謝を伝え、今回の移籍については「心から悩み、色々な人に相談しました。その中でサッカー選手として、環境を変えてもう一歩チャレンジしたい気持ちが強くなりました」と説明。

 最後にファンやサポーターに向け、「『俺のトーキョー』をこれからも愛してもらえればと思います。そして、ほんの少し河野広貴を思い出し、気にかけてもらえたら嬉しいです。今まで、本当にありがとうございました」と惜別のメッセージを送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF河野広貴

(かわの・ひろき)

■生年月日

1990年3月30日(27歳)

■身長/体重

168cm/65kg

■出身地

神奈川県

■経歴

ヴェルディSS相模原Jrユース-東京Vユース-東京V-FC東京

■出場歴

J1リーグ:119試合15得点

J2リーグ:97試合17得点

カップ戦:26試合2得点

天皇杯:11試合2得点

ACL:7試合


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ