V6、4年半ぶりオリジナルアルバム『The ONES』が発売初日に前作越え

写真拡大

 V6が、本日8月9日に4年半ぶりのオリジナルアルバム『The ONES』を発売。発売初日にして、2013年2月にリリースされたアルバム『Oh! My! Goodness!』のウィークリー記録を上回るセールスの勢いを見せている。

(関連:アラフォージャニーズはなぜ今面白い? TOKIO&V6トニセン座談会企画から考える

 同作のコンセプトは、見る・聴く・触る。ジャケット写真には感温印刷(サーモグラフィ)が使用され、触った人にしか見えない仕掛けが施されている。また、さまざまなアーティストや作家陣が楽曲を提供。今回参加したのは秦 基博、大橋好規(大橋トリオ)、レキシ、Micro(Def Tech)、石野卓球(電気グルーヴ)などで、「Cloudy sky」では秋元康がデビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」以来となる歌詞を提供している。

 さらに、浜野謙太(在日ファンク)が作詞を手がけ、渡辺直美が出演したMV「SOUZO」など15曲のMVも収録。『無茶したな、V6』というキャッチコピー通り、V6の本気と大人の遊び心を感じられる作品となっている。(リアルサウンド編集部)