独自の“エロ論”を語った菅田将暉

写真拡大

 俳優の菅田将暉が9日、都内で行われた映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』ジャパンプレミアに出席し、どんな行為が「エロい」かを論じ、声優の宮野真守をうなずかせた。イベントには広瀬すず、大根仁(脚本)、川村元気(企画・プロデュース)も登場した。

 本作は、岩井俊二監督の傑作ドラマを、『モテキ』『バクマン。』の大根が脚本、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの新房昭之が総監督を務めてアニメーション映画化したファンタジックラブストーリー。とある海辺の町を舞台に、高校生のなずな(広瀬)と彼女に思いを寄せる典道(菅田)の繰り返される不思議な夏の1日が描かれる。

 先日行われた製作報告会見で、なずなや広瀬の声が「エロい」と話していた菅田は、この日も「とにかく可愛い。そしてかなりエロいなずながいて」と発言。大根から「(観客が)ちょっと引いてますよ」と注意を受けても、「男ってそんなもんです」と明かし、「エロいつながりでいくと、なずなが水着を着てゴーグルをして帽子をかぶっているシーンで髪を全部(帽子の中に)入れているこのモコモコ感とか……」と独自の感性でエロを語る。菅田のマニアックすぎる意見に、宮野が「過去に何かあった感じがする」と推測すると、菅田は「捕まってなくてよかった」と笑いながら、「忘れかけていた、自分がすごくドキドキした瞬間が蘇ってきた映画でした」と打ち明けていた。

 その後、アニメーションならではの本作の魅力を熱弁する宮野に、「今日初めてお会いしたけど、素晴らしく誠実な方ですね」と感心する大根。しかし、宮野も最終的に「なずながエロかった」とぶっちゃけると、菅田は「エロいでしょ?」と確認し、「エロいというのは肉体的なことではなくて、典道との会話の中でのリアクションや言葉、佇まいが男からすると『どういうこと? 何を思ってるの?』って想像したくなるんですよ。そういう(男を)振り回す感じがエロいんですよ」と強調。「そうなんですよ。わかる」と大きくうなずいた宮野は声優の力を発揮し、究極のイケメン声で「エロい」とささやいて、会場の笑いをさらっていた。(取材/錦怜那)

アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』は8月18日より全国公開