9日、ベルギーのフィリップ国王の弟に当たるロラン王子が先月、中国大使館で行われた中国人民解放軍建軍90周年を祝うパーティーに、ベルギー政府の許可なく出席したとして、年間手当を減額されることになりそうだ。写真は中国軍。

写真拡大

2017年8月9日、米ボイス・オブ・アメリカによると、ベルギーのフィリップ国王の弟に当たるロラン王子(53)が先月、中国大使館で行われた中国人民解放軍建軍90周年を祝うパーティーに、ベルギー政府の許可なく出席したとして、年間手当を減額されることになりそうだ。

ロラン王子は自身のツイッターで、中国の軍人らとケーキカットする写真とともに「中国人民解放軍建軍90周年を記念して」と投稿していた。

ベルギー政府の報道官は、ミシェル首相が国王と協議し、ロラン王子の年間手当30万8000ユーロ(約3980万円)を減らすことを決定したと明らかにした。英紙ガーディアンは、削減されるのは手当ての1割だと伝えている。

ロラン王子は昨年、無断で外国の公人に会ったとして、ミシェル首相から政府の許可なく外国公人に会うことを禁止されていた。(翻訳・編集/柳川)