さだまさし

写真拡大

9日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、かつて多額の借金を背負ったことのある歌手のさだまさしが、借金について持論を展開した。

さだをゲストに迎えたこの日の番組では、さだのコンサートのトークを収録したCD「さだまさし ステージトーク大全」の新聞広告を取り上げた。コンサートの半分を占めるというさだのステージトークを18回にまとめているという。

この新聞広告に関連し、さだについて出演者がコメントしていく中、「さだの凄さ」についてコメントを求められたコメンテーターの美保純は「いっぱいお金稼いできたんだろうな」と切り込み、笑いを誘った。

さだは冷静な様子で「ずいぶん稼ぎましたけどね。ずいぶん酷い借金もしましたよ」と吐露し、「人生いってこいですね」「五分五分でOKですよ」と人生論を語った。続けて、さだは「返せる借金はしたほうがいい」「返せない借金は、絶対にしてはダメです」と持論を展開していた。

なお、さだは28歳で自身が監督・主演を務めた映画の費用として35億円の借金を背負い、およそ30年かけて完済している。

【関連記事】
ジミー大西 自身の借金返済のために明石家さんまがドラマを制作したと明かす
F1レーサー・片山右京が22歳で背負った借金額 マシン開発費で「7000万円」
マツコ・デラックスが借金に苦しんだ過去「利子しか返せない日々」