ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。

世紀末的な作品を描いたのは、チェコをベースに活動する3DアーティストのFilip Hodas aka Hoodass。アートワークだとは分かっていても、じっと見つめいると、いずれの光景もどこかに存在するような気もしてくる。

警告、ノスタルジア、予感。あなたは、何を感じるだろうか?

 #1 
パックマン

#2
スーパーマリオ

#3
スペースインベーダー

#4
ハローキティー

#5
ドミノ

#6
コカ・コーラ

#7
フューチュラマ

#8
レゴ

#9
ゲームボーイ

#10
テトリス

#11
マクドナルド

このアートを完成させたFilipに、以下の2つの質問をしてみた。

Q1:ポップアイコンの破滅を描いたきっかけは?
Q2:この作品を通じてどんなメッセージを発信したかったのか?

残念なことに質問への回答はなかった。インディアンの格言の一つに「返事がこないのも、返事のひとつ」とはある。あえて、回答をしないことで僕たちにメッセージしているとは、考えすぎだろうか。

Licensed material used with permission by Filip Hodas