疲れ過ぎてしまうと何事もやる気が起きず、ダラダラと過ごしてしまいます。そこで疲れた時こそ実感出来る、即効性の高い疲労回復ポーズをご紹介します。

写真拡大

疲労度マックス! やる気ゼロ! の時にオススメのヨガポーズ

疲れきった身体をリセットし、やる気を与えてくれるヨガポーズをご紹介します。「忙しい!」のは、みんな同じ。軽やかに乗り切るために、毎日の習慣にしてみて下さい。

ポーズをご紹介する前に、良質な睡眠で疲労回復スピードを上げるヒントをご紹介します。

プライベートや仕事で多忙を極めると、真っ先にお肌にツケが回ってきます。肌がお疲れのときは内臓も同じようにお疲れです。そこで、質のいい睡眠を得られるように軽く身体を動かしてみませんか。例えば、肩こりが酷ければストレッチ。リラックスしたければ、好きなヨガのポーズ。お腹周りが気になれば、ピラティス。自分が無理なくできるものをチョイスしましょう。食べる前に運動をすると代謝がよくなるので、夕食前に行うのが理想ですが、、夕方から寝る前1時間ほど前であれば問題ないので、実践できる時にして深い眠りついて下さい。

パーダハスターサナ

「パーダ」とは、「足」のこと。「ハスタ」とは「手」のこと。

このポーズは、頭を下にする動作で新鮮な血液や酸素を流し、頭をスッキリさせてくれます。特に多忙を極めると、考える事がたくさんあり過ぎて何をしていいかわからない!と頭の整理もつきにくくなります。そんな時こそ、実践して欲しいポーズとも言えます。呼吸を止めずに気持ちよく深い呼吸が出来るように、膝の伸ばし具合や首、肩の力が抜きやすい前屈位置を見つけてみて下さい。

■効果:脳を休める、ストレスおよび不安の軽減などリラックス効果が期待できます。内臓器官の調子が整い消化機能改善や肝臓と腎臓の活性化など。更年期障害の症状緩和・頭痛と不眠症の緩和。椎間板の異常を改善。首の後ろからハムストリングスとふくらはぎのストレッチ効果による背面部分の疲労解消

■注意する点:膝裏が痛みを感じるまで伸ばしすぎない。腰や背中、首を痛めている人は、無理のない範囲で行いましょう。

■やり方:
動作1
1.顎を軽く引き、お腹を腰に引き寄せ姿勢をただし、少し足を開きタダーサナ(山のポーズ)になります。
動作2
2. ゆっくりと息を吐きながら上体を倒します。この時、膝を曲げ腕の力も抜き、重力や体の重みを利用して背面をゆっくり伸ばします。
動作3
3. 手の甲を床につけ、手のひらを軽く足で踏みます。息を吸いながら、頭を持ち上げ背中を斜め前に伸ばし、息を吐きながら肘を曲げ、膝裏はゆっくりと伸ばします。この時、両手で足裏を引き上げるイメージを持ちながら、10呼吸ほど繰り返しましょう。

次に、身体が本当に楽になるポーズのご紹介です。

マールジャーラーサナ(猫のポーズねじりver.)

このポーズは、肩こりや背中の疲れなどを解消してくれます。特に多忙を極めると、肩でするような浅い呼吸になり、全身に酸素が十分に流れず、イライラしたり疲れが取れないなど辛い症状が続いてしまいます。このポーズを取りながら深い呼吸を意識的に繰り返し、呼吸を深め、ポーズを深めて下さい。驚くほど身体がスッキリしてきますよ。

■効果:肩コリ、首や背中の疲れを解消し、内臓を活性化。ストレスおよび不安の軽減などリラックス効果が期待できます。

■注意する点:背中、膝、首に故障がある場合は無理のない範囲で行いましょう。

■やり方:
動作1
1.手首の真上に肩がくるように床に手のひらをつけ、膝をつけます。この時、手首のシワがマットのヘリと平行になるように意識し、指1本1本を大きく開き、指先で床をつかむイメージで手を安定させましょう。右手を天井に伸ばします。
動作2
2.右腕を左腕の下に通し、肘、肩、側頭部を床につけたら、左手で床を押し、背骨を中心に右肩甲骨、肋骨、腰回りをゆっくり伸ばし、顎を軽く引き首の後ろを伸ばし、楽な呼吸を5呼吸ほど繰り返しましょう。
動作3
3.そのまま左手を腰に添え、ゆっくりと目線を天井方向に向けながら、左胸を開きます。
動作4
4.さらに左足を横に伸ばし、親指で床を押しながらバランスを取り、左腰からつま先までゆっくりと伸ばします。
動作5
5.最後に左手を天井方向に一度伸ばし、頭の先の床に下ろし全身に呼吸を流すイメージで5呼吸繰り返しましょう。元の位置に戻り、反対側も同様に動作しましょう。

いかがですか? ヨガで体をこまめにメンテナンスして、心穏やかに日々を過ごしてみて下さい。
(文:森 和世)