暮らしの中で常に音楽がないとダメ、というほどではないが、もちろん音楽を聴きたいときはある。おもに仕事中だが、集中力をさまたげない、クラシックやサントラを流すことが多い。

 あと一時間で仕上げないと! という時は、アドレナリンが出るような燃える曲を選択する。音楽はおもに二つの方法で聴く。まずラジオ。慣れ親しんできたものなので、安心して聴ける。

 そしてCD。高校生まではレコードだったが、大人になってからはCDだ。いまだに音楽データダウンロードじゃなくてCDで買わないとおちつかないのは、おじさんだからだろうか。

 とはいえ、さすがにスマホを持つようになってから、データで音楽を買ったことはある。旅行先でいろいろ飽きてグズる娘のために『アナと雪の女王』や『プリキュア』の曲を、ネット配信で買った。

 私も妻も小学生のころから視力低下に悩んできたため、子供にスマホの小さい動画を見せてヒマをつぶさせることに抵抗があり、じゃあ音楽聴こう、ということになったのだ。

 子どもは大喜びで、クルマの運転中や、宿での「グズりどめ」にとても役にたった。

 デジタルオーディオプレイヤーで大量の音楽を持ち歩くことをしてこなかったのは、通勤がない仕事だということが大きいと思う。イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く必要がない。

 もうずっとこのまま、CDとラジオでいいや、と思っていたところ、新しい聴き方に出会った。某大手通販サイトの、年会費3900円でたくさんの動画や音楽が楽しめたり、特典がいっぱいですよ、というサービスに入ってみたのだ。

 オリジナル特撮ヒーロー番組の視聴めあてで入ったのだが、音楽を聴いてみたら、ネットラジオやプレイリストの数々が、かなり使えることを知った。

 スマホの外部スピーカーの音質は少々きびしいので、ソニーのBluetooth対応ワイヤレススピーカーを購入。6500円ぐらい。ボール状の形がとてもかわいらしく、未来っぽい。音はモノラルだが、私にとっては問題なし。

 このスピーカーのおかげで、この聴き放題サービスが生きた。ためしに、アニメのサントラをダウンロードで買ってみたりもした。聴きたいアルバムや曲がないことがある、ということにもすぐに慣れた。

 たとえば「サザンオールスターズ」を検索すると、オルゴールやハープ演奏のインストゥルメンタルしか出ないのだ(執筆時の話)。あえて、一生聴くことはなかったと思われるそれらを聴く。

 自宅が、あまり流行っていない海辺のカフェのようになり、旅情のようなものすら感じてしまう。

 この原稿は「サックスで聴く、大河ドラマテーマ曲」という、すごくオリジナル曲を聴きたくなるアルバムを流しながら書いた。

よしだせんしゃ
マンガ家 1963年生まれ 岩手県出身 『伝染るんです。』『ぷりぷり県』『まんが親』『おかゆネコ』など著作多数。「ビッグコミックオリジナル」で『出かけ親』、「ビッグコミックスピリッツ」にて『忍風! 肉とめし』を連載中。妻はマンガ家・伊藤理佐さん

※本誌連載では、毎週Smart FLASH未公開のイラストも掲載
(週刊FLASH 2017年8月15日号)