85%の男性が選んだ!「食の好みが合わない」vs「趣味が合わない」別れるのはどっち?

写真拡大

いくら愛し合っていても、カップルで食の好みが合わなかったり、趣味が合わなかったりするのは不便を感じるものですよね。
では男性にとって、恋人と合わないと辛いのは食の好みと趣味どちらなのでしょうか?

今回は20代〜30代の独身男性を対象に「食の好みが合わない」vs「趣味が合わない」別れたくなるのはどっち?というアンケートを実施しました。

それではさっそく回答を見ていきましょう!

●「食の好みが合わない」を選んだ男性の意見

『ご飯を食べる時は、同じものを一緒に食べたいから』(29歳/金融)

『趣味がぴったり合うことの方が珍しいと思うから。また食事はこれから先何度も一緒にしなければいけないのに好みが極端に違うのは辛いと思うから』(27歳/営業)

『趣味の好みは同じ時間に同じ場所にいなくても構わないためお互いに無関心でもよいですが、食は同じ場所で同じものを食べるため合わなければつらいです』(32歳/メーカー)


食事は同じものを食べたいと考える男性が多い様子。
食の好みが合わないと常に相手を気遣って食事をとらなければならないため、ストレスが溜まるようですね。
自分は好きな食べ物なのに、相手が嫌いな食べ物だったら美味しく食べづらそう。

●「趣味が合わない」を選んだ男性の意見

『デートプランを立てづらい』(31歳/教師)

『楽しいことを共有できないのでは付き合っている意味がない気がするから』(34歳/建設)

『一緒に楽しむ時間がないから』(26歳/広告)


趣味が合わないとデートプランを立てるのに苦労するようですね。
楽しいと感じるものが極端に違ったら、同じことで笑い合えるのは難しく一緒にいるのは難しいと考える男性が多かったです。

●「食の好みが合わない」vs「趣味が合わない」別れたくなるのはどっち?果たして多数派は……?

食の好みが合わない……171人(85.5%)
趣味が合わない……29人(14.5%)

8割以上の男性が「食の好みが合わない」のを苦痛に感じる様子。
趣味はお互い別々に時間をとって楽しめばいいけど、食事は一緒に楽しみたいもの。
食の好みが合わないのは、別れの原因になりえそうですね。

----------

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年8月7日〜2017年8月9日

(文/恋愛jp編集部)