ユナイテッドMFの“顔面ヒット写真”に反響 変顔に本人も大ウケ、英紙「誰もが笑った」

写真拡大

レアル戦、フェライニのあるプレー写真が瞬く間に世界中へと拡散

 現地時間8日に行われたUEFAスーパーカップは、レアル・マドリードがマンチェスター・ユナイテッドを2-1で下し、同大会連覇を達成した。

 この試合で話題になっているのはレアルとユナイテッドでそれぞれ得点を挙げたMFカゼミーロ、MFイスコ、そして新加入のユナイテッドFWロメル・ルカクではなく、途中出場のMFマルアーヌ・フェライニだ。1枚の写真が大きな反響を呼んでおり、変顔にフェライニ本人も大ウケしているのだという。

 英紙「デイリー・テレグラフ」が報じたところによると、この日の試合でフェライニは後半11分にMFアンデル・エレーラに代わって投入された。190センチを超える長身を生かした空中戦、大柄な体格ながら柔らかな足元のテクニックで同点に追いつこうと奮闘していたものの、あるプレーで目立つことになった。

 それは相手選手が蹴ったボールが顔面に直撃したシーンでのこと。偶然にもフェライニの顔面にヒットした直後に顔が大きくゆがみ、その衝撃に思わず目をつむっている写真を撮影したカメラマンがいたことにより、その一枚が瞬く間に世界中へと拡散されてしまったのだ。

 奇抜なアフロヘアーに注目が集まるフェライニだが、実は端正な顔立ちをしている。それだけに恥ずかしい一枚となってしまったかと思いきや、本人はまんざらでもないようだ。自身のツイッターで“顔面ヒット”の写真をアップロードし、こうつぶやいている。

本人もこの写真に「ありがとう!」

「この写真を投稿してくれた人、そしてこれを僕に送ってくれた人、全員にありがとう!」

 これを伝えた同紙も「誰もがフェライニのこの写真を見て笑っていた。ちなみにフェライニ自身もだ」とユーモアのある見出しで伝えている。

 なおフェライニはこの日、空中戦を競り合った際にレアルDFセルヒオ・ラモスと頭が交錯して額から出血。その止血をするために装着したバンドによって、アフロヘアーが見たこともない形状になっている。得点には絡めなかったが“大当たり”の1日だったのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】フェライニ公式ツイッターに投稿された“顔面ヒットで変顔”の瞬間

https://twitter.com/Fellaini/status/895047548691517440

フェライニ公式ツイッターに投稿された“顔面ヒットで変顔”の瞬間