大卒ルーキーのFW畑潤基

写真拡大

 J2のV・ファーレン長崎は9日、FW畑潤基(22)がJ3のアスルクラロ沼津に期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2017年8月7日から2018年1月31日までとなっている。

 愛知県出身の畑は東海学園大時代の16年9月、長崎の特別指定選手として登録。東海大学リーグでは得点王を獲得した。今季から長崎に入団し、J2リーグ戦5試合、天皇杯1試合に出場。開幕戦から3試合と第21〜22節は途中出場したが、その他は出番がなかった。

 畑は長崎の公式サイトで「シーズン途中にチームを離れることは悔しいですが、成長して帰ってきますのでV・ファーレン長崎のファン、サポーターの皆さま、これからも応援よろしくお願いします」とコメントを発表。沼津の公式サイトでは「畑(はた)、潤基(じゅんき)どちらでもいいので呼んでください!自分の力を最大限に出してチームのJ3リーグ優勝に貢献できるよう頑張りますので、皆さんこれから一緒に戦いましょう。応援よろしくお願い致します!」とメッセージを出している。

プロフィールは以下のとおり

●FW畑潤基

(はた・じゅんき)

■背番号

34

■生年月日

1994年8月14日(22歳)

■出身地

愛知県

■身長/体重

179cm/79kg

■経歴

Nagoya S.S.-東海学園高-東海学園大-長崎


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ