ロンドンの女性が、とても不思議なハトを見かけて写真に撮ったそうです。

そのハトは……全身が虹色でした。

 

Girlfriend saw a rainbow pigeon in London today


窓の外に1羽のハト。

ホントに7色!

思わず写真を撮ってしまったのもわかりますね。天然の色なのか、それとも人工的に染められたのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これはそういうタイプのハトなの?
それとも、もっと興味深いバックストーリーがある?

↑スペイン人はレース用のハトに鮮やかな色を塗る。

でもこのハトがそのケースかどうかはわからない。

↑そうさ。レース用のハトは鮮やかな色を塗ると速くなるんだ。

↑きっとホーリー祭(インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り)にいたんだよ。

[画像を見る]
[画像を見る]
(ホーリー祭 - Wikipedia)

●だが世界中のハトがそんな風に染められたら、都市が美しくなるんじゃないか?

↑それは種としてのハトには不利となる。鮮やかな色は敵に見つけられやすいからね。野バトにとって、あまりうれしくないと思うよ。

↑いいことづくめじゃないか? ハトが綺麗になってくれる上に、数も減る。都市部に住む者にすりゃ、何も悪いことじゃない。

●自分がこんなことを言うと思ってなかったが、美しいハトだ。

●きっとカラー・ラン(色とりどりのカラーパウダーを浴びながら走るイベント)の中を飛んできたんだよ。

↑たまにカモメがカラー・ランに突入してしまい、1週間かそこらは鮮やかになる。動物愛護団体が捕まえて洗おうとしていたが、害のない色素とわかってからはあきらめているようだ。

●まれにカラフルなハトもいる。
[画像を見る]

↑それはフォトショップで加工したものじゃないの? ありえないよね?

↑いや、アジアにいるハトだよ。コアオバトと言う。

↑なんてこった。自然のほうがクレイジーだった。

↑東南アジアのミノバトも美しいよ。
[画像を見る]

●ポケモンGOはアンインストールしたけど、こんなに進化していたとは。


ロンドンのハトは、何らかの理由で染められたとの見方が多いようですが、害はないとのことです。

【ロンドンの女性「目の前に…レインボーな羽をしたハトがいるの!」】を全て見る