出典:Nosh

見た目100点の若手イケメン俳優・山粼賢人さんが、“野菜先生”として都内の女子高をサプライズ訪問! 思い出のお弁当について語りました。

それは9日に行われた「カゴメ からだととのえる野菜授業」イベントでのこと。舞台に選ばれたのは、都内にある千代田女学園高等学校。38人の女子生徒を前に“野菜先生”として登場した山粼さんは「先生ってこんな感じなんですね。教室に入ってくるときスゲー緊張した」と慣れないシチュエーションに照れ笑い。

学生時代のお弁当の思い出について聞かれると「よく生姜焼きやピーマンの肉詰めを作ってもらっていました。今振り返るといいメニューだったなと思う。お母さんありがとう、大人になってわかるありがたみ」と毎日胃袋を満たしてくれた母親に感謝。

学生時代は8年間サッカーを続けていたといい「学生時代は運動が好きで、いっぱい食べて、いっぱい遊んで、いっぱい勉強していました。皆さんも無理なダイエットなどせず、ご飯を食べて栄養を取って運動をして無駄な脂肪を減らすのがいい」と女子学生たちに先輩としてアドバイスを送っていました。

授業では野菜の重要性を中心に紹介。山粼さんは「今朝も野菜ジュースに野菜サンドイッチを食べてきた」と健康モーニングをアピールし「野菜から摂取するエネルギーは毎日生きていくためにないとダメなもの。芝居する上でも必要なので結構大事。風邪をひくって最悪。風邪ってひかなくていいものなので、僕も野菜スープを飲んだりして風邪をひかないようにしています。体調悪くするって最悪」と力説していました。

【関連記事】

※ 米倉涼子、42歳の抱負は「とりあえず飲む!」

※ 深田恭子、健康的な美ボディを披露

※ 濡れ髪の爽やか高杉真宙に胸キュン♡が止まらない!

※ 河北麻友子おすすめ!美しい歯を目指す「デンタルケア」

※ 深田恭子「健康美」3つの秘訣

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)