Photo by cinemacafe.net

写真拡大

台東区東京国立博物館では9月22日(金)、23日(土・祝)に、移動映画館「キノ・イグルー」と共催で「博物館で野外シネマ」を開催する。今回の上映作品も併せて決定した。
2014年に始まり、今年で4年目となる「博物館で野外シネマ」は、東京国立博物館に「まだ行ったことがない」「なかなか行く機会がない」という方に、映画を観ながら博物館の雰囲気を味わってもらうために企画された。2016年は10月13〜14日の2日間の上映で、1万人を超える来場があり、1日当たりの動員数では、国内最大級の野外シネマともいわれている。

今回の上映作品は、第16回ニューヨーク国際児童映画祭・長編大賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門・優秀賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得ている『ももへの手紙』(2012年、監督:沖浦啓之)。本作は豊かな自然とやさしい人々が生きる瀬戸内の小さな島で、主人公・ももと、彼女を訪れる不思議な妖怪たちとの交流を描いた家族の愛の物語だ。

映画は、本館前に設置された巨大スクリーンに投影される。1,000席程度のイスを用意しているほか、持参したレジャーシートを芝生などに敷いて鑑賞することもできる。敷地内には屋台も出店し、フードやドリンクの販売を行うということで、映画と併せて楽しめる。

「博物館で野外シネマ」は9月22日(金)、23日(土・祝)19時〜東京国立博物館本館前にて開催。事前申込は不要。参加費は無料。ただし当日の入館料が必要。



(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
【シネマモード】日本の「家族」を感じる映画vol.1 『ももへの手紙』
この夏は煩悩とサヨナラ!? 「タイ〜仏の国の輝き〜」
『ももへの手紙』美山加恋&優香インタビュー 母娘役を通して気づいた、宝物
波音と星空をバックに!野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」開催
“無人島”で野外シネマフェス開催へ!「MUJINTO cinema CAMP」