Wanna One、10月7日に台湾初のファンミーティングを開催…11人でライ・グァンリンの故郷へ

写真拡大

Wanna Oneが10月メンバーのライ・グァンリンの故郷、台湾を訪れる。

本日(9日)、台湾のET TodayはWanna Oneが10月7日、台湾行きを確定したとし、ライ・グァンリンが歌手になって帰ってくると報道した。

先日(7日)、ソウル高沢(コチョク) ドームでショーケースを開き、華麗にデビューしたWanna Oneは今年最高の新人グループとして取り上げられ、アジア全域で話題を集めた。

台湾も例外ではなかった。Mnet「プロデュース101」シーズン2に台湾出身の練習生ライ・グァンリンが出演し、中華圏で熱い関心を集めた上に、ライ・グァンリンが最終11人に含まれ、Wanna Oneでデビューすることになった。言葉の通り“国入り”だ。

カン・ダニエル、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン(NU'EST ミンヒョン)、ペ・ジニョン、ハ・ソンウン(HOTSHOT ソンウン) で構成されたWanna Oneは10月7日、台北大学体育館で台湾初のファンミーティングを開催する。