大人の女性が暑苦しくなく、オシャレに見える黒コーデについて、アイテムの選び方や着こなしのコツなどをお伝えします。

写真拡大

夏の黒アイテムはどう着るのが正解?

年間通して人気のブラックコーデですが、日本の真夏はとにかく暑く湿度も高いので、暑苦しく見えてしまうのだけは避けたいところ……。でも涼しさを優先させてゆるめサイズを選んでしまうと、ミセスの方々の着こなしとかぶってしまい老け見えしてしまう危険も……。実は難しい真夏のブラックコーデを、誰でも即真似できそうな実例とあわせてご紹介していきます!

Tシャツよりもタンクトップやノースリーブがオススメ

タンクトップがブラックなら下着っぽさも薄れるので一石二鳥
白Tと同じぐらいベーシックで使い勝手が良く、人気のある黒T。でも真夏の炎天下では光を集めるのでとにかく暑い! ロゴやプリントの入ったものだと、その塗料などが熱を持つので、さらに暑く感じる場合も。真夏に黒トップスを着るならノースリーブやタンクトップ、また今年ならキャミソールなど、なるべく面積の少ないものがオススメです。

写真はブラックのシンプルなタンクトップに透け感のあるリネンシャツを羽織った夏コーデ。インナーとして着る場合でも、黒なら下着っぽく見えないのは嬉しいポイントです。

夏素材のブラックスカートが一枚あると万能に使える

遊び心のあるモチーフを浮かずに大人っぽくまとめるには黒が一番
モチーフやプリントなど、どこか遊び心があるトップスには黒スカートの出番! 冬に比べて自然とカラー物のトップスを着る機会が多くなる夏は、ボトムスがデニムだとラフ過ぎるし、また子供っぽい印象になってしまうことも……。そんな時にリネンやシアサッカー、涼しげなコットンなど夏素材で作られた、形のきれいなスカートが一枚あると便利です。シンプルなトップスはもちろん、派手めなトップスに合わせても万能に着回せて、手持ちのワードローブが活きること間違いなしです。

大人の花柄はシックに見せる黒ベースで決まり

ブラックベースの花柄ガウンなら秋まで長く着られるのも嬉しい
今年トレンドとしても多く見かけたフラワープリント。特にガウンやワンピースなどが人気ですが、大人が着る場合は迷わず黒をベースにプリントが入っているアイテムをチョイスして。フラワープリントの総柄アイテムというと、その華やかさや女性らしさがメリットである一方で、若作りに見えたり飽きそうなイメージが強いのがデメリット。そのデメリットをカバーし、なるべく秋までいろいろな着こなしが楽しめるのはやっぱり黒ベースのアイテムです。
全体的にブラックが多めだとシックに見える上、ボトムスも浮きません
バックスタイルで意外に目立つのがボトムスとの相性。黒が多い花柄なら、どんなパンツでも全体的にまとまって見えるので、チグハグな印象も防げます。黒ベースの花柄にカーキのコットンパンツや、トレンドのベージュのチノパンツを合わせたコーディネートも可愛い! トライしてみて下さいね。

キャップやリュック、スポサンなどスポーツアイテムは黒で統一

キャップには髪の色とも馴染みやすいブラックが一番
スポーツテイストのアイテムを取り入れた大人カジュアルなコーディネートも相変わらず人気。パーカー、またはスウエットパンツやトラックパンツなどのウエア類から、キャップやリュック、スポーツサンダルなどの小物に至るまで、シックに大人っぽく見せたい場合は黒で統一するのがオススメ。アスレジャーなアイテムはそれだけで十分カジュアルな印象なので、例えばキャップとスポーツサンダルなどを合わせてコーデするときも、ブラックのみと決めておけば問題なく組み合わせられ、洗練さも手に入れられます。大人のスポーツミックススタイルはスタイリッシュさがカギになるので、なるべくミニマムなコーデに仕上げてみて下さい。

上下黒コーデの注意点は?

上下黒コーデはどうしても重くなりがちですが、それでも!という場合にはアイテム選びや素材感で工夫を。

アイテムとしてはノースリーブのトップスやワンピースなど、上半身を涼やかに見せてくれるものがオススメ。切り替えが入っていたり、深めのVネックなど、適度な肌見せ感があるものならシックに仕上がります。黒は他のカラーよりもドレッシーに見える色なので、一枚で決まる夏ならではのアイテムに黒を選ぶのはいいでしょう。

素材はリネン、透け感やシャリ感のあるコットン、レース、シフォンなどどこか軽やかな印象のものをセレクトしてください。ハリのあるブロード地のアイテムは、ブラウスやシャツなどは特にきちんと見えて好印象ですが、汗を吸わない上に、カラーもマットに発色するため暑苦しい印象になってしまうかも……。要注意な素材です。

以上、いくつかのコツを抑えるだけで、夏の黒でもオシャレに見える大人カジュアルスタイルができあがります。ぜひトライしてみて下さいね!
(文:横瀬 真知子)