ユナイテッド移籍が噂されるFWガレス・ベイル

写真拡大

 レアル・マドリーを退団してマンチェスター・ユナイテッドに移籍するのではないかと報じられているFWガレス・ベイルだが、本人は噂に惑わされることはないと主張している。『BTスポーツ』に語った内容を英『メトロ』が伝えた。

「僕は自分のサッカーに集中している。新聞で言われていることに耳を貸すつもりはない。僕は自分のサッカーを楽しんでいるだけだ。できる限りプレーして、チームの優勝のためにプレーしたい」

 自身の去就に関してこう話したベイルは、8日に行われたUEFAスーパー杯で先発出場。後半7分にMFイスコの得点をアシストするなど2-1の勝利に貢献し、レアルに必要な存在であることを改めてアピールしている。

 同紙によれば、レアルはモナコのFWキリアン・ムバッペを獲得しようとしており、それが成功した場合、放出されるのはベイルとなるようだ。

「そういう話については聞かされていない。ただ僕は自分のコンディションを上げていくだけだ。ここ8〜9か月、ちゃんとプレーできていなかったからね」。ベイルは去就に関する報道は気にせず、まずは自身のベストコンディションを取り戻すことに集中すると語った。


●欧州移籍情報2017-18

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集