May J.とケン・バント社長、ソフィア・カーソン(画像は『May J. Official 2017年8月9日付Instagram「It was great meeting @kenbunt and @sofiacarson at The Walt Disney Studios!」』のスクリーンショット)

写真拡大

May J.は前作『Imperfection』から3年ぶりとなる8枚目のオリジナルアルバムに収める新曲レコーディングや撮影のため、アメリカのカリフォルニアに渡っている。空き時間にはロサンゼルスを散歩したり、母親とお茶を飲んでのどかに過ごしているようだ。

【この記事の動画を見る】

8月9日には『May J. Official mayjamileh Instagram』でウォルト・ディズニー・スタジオを訪れ、ディズニー・ミュージック・グループのケン・バント社長とディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ディセンダント』でイヴィ役を務めるソフィア・カーソンと並ぶスリーショットを公開した。

イヴィは“白雪姫”に登場する悪の女王の娘で、『ディセンダント』の主人公となる“眠れる森の美女”の悪役マレフィセントの一人娘・マル(ダヴ・キャメロン)と活躍するメインキャラクターだ。第2弾『ディセンダント2』が日本では10月にディズニー・チャンネルで初放送される。

そんな贅沢な時を過ごしながらレコーディングが進む新曲をはじめ、ニューアルバムには小室哲哉&つんく♂とのタッグによる『Have Dreams!』やアンジェラ・アキ作詞・作曲・初プロデュースによる八代亜紀とのデュエット曲『母と娘の10,000日 〜未来の扉〜』など今のMay J.が詰まった作品となりそうだ。

今回LAでのレコーディングに参加したギタリストの上條頌は『上條頌(shokamijo)ツイッター』で「Mayさんの歌が最高なう」「泣けるほど最高の曲が出来たよ。早くたくさんの人に聞いてもらいたい。こんな気持ちになれたことがとにかく嬉しい。関わった全ての人に感謝」とつぶやいており、期待が高まる。

画像は『May J. Official 2017年8月9日付Instagram「It was great meeting @kenbunt and @sofiacarson at The Walt Disney Studios!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)