30代男性医師が過労自殺 月170時間を超える長時間労働が原因

ざっくり言うと

  • 東京都内の総合病院で勤務していた、30代の男性医師が自殺した問題
  • 月170時間超の長時間労働が原因として労災認定されたことが、9日に分かった
  • 死亡前の6カ月間で休日は5日しかなく、残業が208時間を超えた月もあった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング