Samuel、ソロデビューアルバム「SIXTEEN」初動売上で3万枚が完売…多くの追加注文に現在も生産中

写真拡大

歌手Samuelが音楽市場でソロ歌手のパワーを発揮し、高い人気を証明した。

2日にソロデビューミニアルバム「SIXTEEN」を発売したSamuelが、初動アルバム販売期間を1日残し、3万枚を完売する底力を発揮した。

流通会社のLOENは「初動3万枚が8日付で完売した。Samuelは特に海外輸出が目立つ。それだけ海外での人気を証明する数字とも言える。引き続き追加注文が入っており、今も生産している。特に『SIXTEEN』は、HANTEOチャートのリアルバムランキングで上位をキープしている」と明かした。Samuelのデビューアルバムの初動3万枚が完売されたことは、ソロアーティストとして収めた成果として、音楽関係者から関心が高まっている。

ミニアルバム「SIXTEEN」は、Braveエンターテインメントの代表である勇敢な兄弟が長い時間をかけて念入りに作ったアルバムで、タイトル曲「SIXTEEN」はSamuelの年である16からヒントを得て作った楽曲で、トロピカルサウンドを加えたポップダンスナンバーだ。

Samuelはタイトル曲「SIXTEEN」で、デビューと同時に1位候補に上がるなど大反響を呼び、ソロ歌手として好調なスタートを切り人気を博している。