8日、韓国メディアによると、ある日本人男性が韓国・釜山出身の元慰安婦の写真など日本統治時代の資料数十点を寄贈した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は釜山にある慰安婦少女像。

写真拡大

2017年8月8日、韓国・ノーカットニュースによると、ある日本人男性が韓国・釜山出身の元慰安婦の写真など日本統治時代の資料数十点を寄贈した。

韓国の国立日帝強制動員歴史館に資料を寄贈したのは福岡県にある「兵士・庶民の戦争史料館」の副館長を務める武富慈海さん。歴史館などによると、慈海さんの父親は太平洋戦争の時、ビルマ(現ミャンマー)戦線で勤務する中で同じ部隊に所属する戦友の遺言として「朝鮮人従軍慰安婦を捜して過ちを謝罪してほしい」との頼みを受けた。この頼みは息子の慈海さんにまで引き継がれているが、いまだに被害女性は見つかっていない。歴史館は寄贈された写真をすぐには展示せず、被害女性を捜索する計画だという。

8日に行われた寄贈式で、慈海さんは「非人間的な行為に対して謝罪したい」とし、「過去から目を背けるものは現在が見えず、過去を記憶しない者はまた別の危険に陥るだろう」と述べた。また、慈海さんは寄贈式の後に釜山の日本総領事館前にある慰安婦少女像を訪れ、謝罪した。

歴史館関係者は「このような自発的な証言が今後、日本軍慰安婦の存在を否定する日本政府に対抗するための貴重な証拠資料になる」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「1人の良心的な日本人のおかげで未来に希望が見えた」「ほんの少しかもしれないが、良心的な1人がその国のイメージを変える」「日本の過ちを勇気を持って明らかにし、伝えてくれてありがとう。日本の政治家たちが慈海さんのように勇気を持って謝罪できるよう努力したい」など慈海さんへの感謝を示すコメントが多く寄せられている。

また、「日本には彼のように常識的な市民がたくさんいるはず。安倍首相は嫌いだけど日本全体を憎んではいけない」「国籍の問題ではない。その中にいる人間の本性、良心の問題だ」などと主張する声も。

そのほか、「被害者たちが残りの人生を笑顔で暮らせますように」「つらく悲しい歴史。被害者たちにとって大きな慰めになっただろう」など被害者を気遣う声もみられた。(翻訳・編集/堂本)