ライアン・レイノルズ主演『ヒットマンズ・ボディガード』Netflix限定配信へ 予告編も公開

写真拡大

 8月18日に全米公開される映画『ヒットマンズ・ボディガード』が、公開同日にNetflixにてストリーミング配信されることが決定。あわせて、予告編とキーアートビジュアルが公開された。

動画はこちら

 本作は、『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』のパトリック・ヒューズ監督がメガホンを取ったアクション・コメディ。世界最高のボディガード・マイケルが、長年の宿敵である世界最悪の殺し屋・ダリウスを護送することになり、命を狙われながらも共に旅をする模様を描く。なお、日本では劇場公開されず、Netflixのみで配信される。

 ボディガード・マイケル役を『デッドプール』のライアン・レイノルズ、殺し屋・ダリウスを『スター・ウォーズ』シリーズや『アベンジャーズ』シリーズのサミュエル・L・ジャクソンが演じるほか、『猿の惑星: 新世紀』のゲイリー・オールドマンや、『フリーダ』のサルマ・ハエックらが出演。

 このたび公開された予告編には、マイケルとダリウスの出会いや、二人が殴り合ったり、倒し合ったりする様、銃撃戦やカーチェイスなどのアクションシーンが収められている。一方のキーアートビジュアルには、銃を構える二人の姿を収録。

 レイノルズは映画について「ヒューズは、とにかくスペクタクルと笑いを散りばめた、楽しいアクション大作を作りたいと考えていて、僕たちもそれを実現したいと思っていたよ」と語り、ジャクソンもまた「ダリウスはずっと殺そうとしてきた男と同じ車に乗り込むことになるんだ。やがて、自分が彼のクライアントを撃ってしまったせいで彼のキャリアに傷がついたと知り、気持ちに変化が生じていくんだ。つまり、本作は二人の男が一台の車に乗り合わせただけの単純な話で終わらないんだよ」とコメントを寄せている。(リアルサウンド編集部)