速報:アンノーンやバリヤードもウワサ通り出現。横浜の2公園にてPokémon GO PARK開催中
本日8月9日より15日まで、横浜・みなとみらいエリアの2つの公園にて、Pokémon GO公式イベントとなる『Pokémon GO PARK』が開催中です。参加費は無料、時間は10時から18時まで。

会場はエリア内にある「赤レンガパーク」と「カップヌードルミュージアムパーク」の2箇所。日本では出現しなかった地域限定のポケモンや、普段は出現率の低いレアなポケモンがイベント開催時限定で出現するという趣向です。

また会場内には、ポケストップやジムを象ったオブジェも設置されています。



会場はエリア内にある「赤レンガパーク」と「カップヌードルミュージアムパーク」の2箇所。それぞれ「カントーパーク」と「ジョウトパーク」としてゲーム内で設定されており、赤レンガパークは原作でのカントー地方に登場したいわゆる第1世代ポケモンが、ジョウトパークは第2世代ポケモンが集中的に登場します。



さて、事前情報では、地域ポケモンとして、従来はヨーロッパのみと言われていた「バリヤード」が出現する点や、非常に出現率の低い「アンノーン」の登場などがウワサされていましたが、実際の会場ではさらに「ヨーギラス」や「メリープ」、「ミルタンク」といった"地味に出現率が低い"系のポケモンも登場。

また会場周囲では、事前情報では出ていなかった「色違いのピカチュウ」が登場するとの情報もあります。



一方では、事前に期待を込めて「なにかあるのでは」と言われていたレイドバトルに関しては、少々意外な結果に。例えば伝説ポケモンのレイドバトルなどは、少なくとも9日では頻度も多くなく、会場限定らしいレイドボスはなんと「ソーナンス」などだった、という、ある意味で驚きの演出となっています。



会場内では奇しくも今夏最高とも言われる気温の高さにもかかわらず、多くのトレーナー(プレーヤー)が来場し、大変な賑わいに。

ポケストップの数が出現ポケモンの数に比して少なめで、モンスターボールの補給が難しくなるといった点や、時間やキャリアによってはモバイル回線の接続がしにくくなるといった現象にも遭遇しています。

ただし、レアポケモンの出現数が多いためか、1箇所に人の流れが集中してのトラブルといった自体はほぼなく、人の流れとしては比較的落ちついた模様。イベント自体が数日間の開催ということもあり、時間を掛けて落ち着いて歩けば、それなり以上に収穫を得られるものと思われます。



基本的な遊び方としては、ここまで紹介したように、レアや準レアとなるポケモンのゲットを狙う、また会場限定のジムバッジ(9日時点では#1〜#4の4種)を記念として集める......といったあたりが第一になるでしょう。

一方でレイドバトルは条件的に有利ではなく、会場内のジム数自体が少なめ。少なくとも初日(9日)は、伝説ポケモンとなるサンダーのゲットを狙うトレーナーにとっては会場自体はあまりうま味がありません。

ただし会場周辺のみなとみらいエリアには多くのジムがあり、またトレーナーの集まりも良好なので、副次的にレイドバトルをするのであればおすすめできます。



とくに「アンノーン」は、これまで日本では集中的に登場した例がないことから、今回のイベントの目玉的存在。現時点では形状別の6種類(Y、O、K、H、A、M)が確認されていることから、可能であれば全種ゲットを狙いたいところ。



またジムバトルに重きを置くトレーナーには、昨今重要性の増した「ワンリキー」や「ヨーギラス」「ラッキー」といった、いわゆる進化前ポケモンが集中的に出現することから、これらのポケモンを集めて進化させる大きなチャンスとなります。

このようにPokémon GO PARKは、ポケモン収集やポケモン強化を重視するトレーナーであれば、かなりおトク感の高い設定のイベントとなっています。さらにみなとみらいエリアの様々な場所にピカチュウが登場するイベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」も併催されているため、合わせて楽しめます。

15日までと比較的期間が長いことや、会場がかなり広くオープンスペースなことから気軽に入れること、そしてなんといっても無料イベントであることから、横浜に行けるポケモンGOトレーナーであれば強くオススメしたいところです。

ただし開催期間中は猛暑が続くタイミングでもありますので、くれぐれも熱中症にはお気を付けください。