フレッシャーズ編集部

写真拡大

無事に内定をもらった内定者を待ち構えているのは、多くの企業で10月に実施される内定式。これからお世話になる先輩や上司・同期と初めてじっくり腰を据えて話す機会にもなりますから、誰しもが内定式でスタートダッシュを上手に切りたいと思っていることでしょう。そんな内定式まで今年も残りあと2ヶ月ですが、それまでに準備しておくべきことはどんなことがあるのでしょうか? 内定式を経験した社会人のみなさんに意見を聞いてみました。

■就活を終えた大学生が、10月の内定式までにしておくべきことはなんだと思いますか?

自己中診断! 気づかないうちに同僚や友人に嫌われてない?

●自己紹介を考えておく

・新入社員は第一印象が大事だから(男性/24歳/食品・飲料)
・内定式のときに自己紹介をする機会があったけど、まさかその場であると考えてなくて、まともに言えなくて恥を書いた(女性/27歳/商社・卸)
・自己紹介で印象が決まるから(女性/27歳/通信)
・自己表現が苦手なので。自己紹介はするものなので、あらかじめ考えておいたほうが焦らずにすむと思うから(女性/31歳/その他)

●社会人としてのマナーを覚える

・ビジネスマナーを勉強する。社会人になる準備をするため(女性/28歳/その他)
・社会人としてのマナー。慌てないように(男性/26歳/商社・卸)
・マナーは大事だから(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)
・マナーができていないと、困る場面が出てくるから(女性/22歳/情報・IT)

●資格を取る、勉強

・必要な資格取得を目指す。余裕を持って働く準備を整えておく(男性/34歳/金属・鉄鋼・化学)
・勉強。卒業できなかったら意味がないから(男性/32歳/団体・公益法人・官公庁)
・業務内容の予習。当然わかっているものとされているから(女性/28歳/小売店)
・勉強。時間があるうちに(女性/29歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

●当日のための準備、心構え

・改めてその会社への入社意識を高めること。モチベーションにつながるから(女性/29歳/団体・公益法人・官公庁)
・仕事でどう成長していきたいか、なにを身につけていきたいかという心構えをしっかりもっておくこと。意思表明を周りの人にしておくことで、自分にあったサポートがついてくれる可能性が高いし、目標に向かって進もうという気持ちになれるから(女性/24歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・きちんとした服装の確認。第一印象が入社後のその人への接し方に影響するから(男性/24歳/警備・メンテナンス)

●その他

・運転免許の取得。年が明けると混むので(男性/28歳/情報・IT)
・お世話になった人にお礼をしておく。その後の社会人生活でもお世話になると思うから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・キャラ作り。最初が肝心だから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・遊んでおく。内定者の集まりとかで暇がなくなった(男性/28歳/団体・公益法人・官公庁)

入社してからの社内コミュニケーションがうまくいくように、入社式以前から自己紹介やキャラ作りの準備を始めているという声も。実際に先輩の中には「自己紹介がうまく行かなくて、入社後も引きずった」という経験もあるようです。

いかがでしたか? 「自己紹介を考えておく」という意見の人が大半を占めていました。先輩や上司に向けて、という意味もありますが、同期になる人に対しても自分を覚えてもらうチャンスです。しっかりと準備をして臨みましょう。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年6〜7月
調査人数:就活を経験した5年目までの社会人男女210人(男性69人 女性141人)