高座で「アルツハイマーの疑い」を告白した小三治

写真拡大

 病気療養を発表した人間国宝の落語家、柳家小三治(77)が、アルツハイマーの疑いがあることを明かした。多趣味で博覧強記として知られる才人だけに、その衝撃は大きい。

 7日、東京・池袋演芸場の高座に上がった小三治は、マクラで「今まで発表してなかったけど、今年に入ってアルツハイマーって言われてね」と衝撃の告白。

 ざわめく客席に「この年になると、みんなそうなんだよ」と続け、会場をわかせた。年をとって物忘れも多くなっているところに、今年初めにアルツハイマーの疑いがあると指摘されたため、治療を続けているという。

 「“マクラの小三治”との異名を持つほど、話の引き出しが多い人。バイクやスキー、俳句にオーディオと多趣味なうえ、博覧強記で知られる人でもアルツハイマーの可能性があるとは」とマスコミ関係者は驚きを隠せない。

 多くのネタを記憶し、しゃべりを生業としている落語家が、アルツハイマーというのは意外に思えるが、「アルツハイマーは病気だから、頭を使う仕事だろうが、手を使う仕事だろうが関係ありません」と山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏。「むしろ、落語家という仕事のおかげで発症が遅れたのかもしれない」とも。

 「アルツハイマーは、どういう人がなりやすいのかといった傾向も分かっていないなど、まだ解明されていないところも多く、十分な治療法もない病気です」

 名人芸はどうなるのか。