グレートですよ こいつは!「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボした体組成計でジョジョ立ちを決めろ

写真拡大 (全2枚)

今や、健康管理のためには、体組成計は必需品だ。
体組成計は、体重だけでなく、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪まで計測し、健康を管理できる。

そんな体組成計に、「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたグレートなモデルが登場した。

タニタがテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」とコラボレーションした音声タイプの体組成計インナースキャンVoice「BC-202-DU」の予約受付を開始したのだ。
価格は1万8,000円(税別)。


■ジョジョの登場人物が音声でナビゲート
本製品は、「ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物の音声でナビゲートしてくれるユニークな商品だ。
ジョジョファンならずとも、思わず関心が湧く製品だ。

主要キャラクターである「東方仗助」、「広瀬康一」、「虹村億泰」が、測定結果などに応じて、オリジナルボイスでセリフをしゃべる。

音声の一例
・「しょうがねぇーなーおれの手につかまんなよ」筋肉量が少ない判定時
・「どららあああ〜〜〜」ボタン長押し時
・「体重計の故障ではない、だ、誰か敵スタンドの仕業だッ!」体脂肪率が「軽肥満」判定時
・「測定中です、動かないでください」測定中
・「この虹村億泰のスタンド ザ・ハンドが削りとってやる!」個人データの消去時
・「おいもっと自信持てよ」体脂肪率が「標準+」判定時

このようなセリフで、ジョジョの世界観に浸りながら、健康管理に取り組むことができるわけだ。

ちなみに本体は、艶やかなブラックの上に「J」「ハート」マークなどをあしらったお洒落なデザインとなっている。

■豆知識:「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」とは?
「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」は、荒木飛呂彦による原作漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第4部をアニメ化したものだ。

1999年の日本・S市の杜王町を舞台に、主人公の東方仗助が「スタンド」と呼ばれる特殊能力を使い、町内で発生する怪事件に立ち向かっていく物語となっている。




タニタはこれまで、
「進撃の巨人」
「TIGER&BUNNY」
「弱虫ペダル」
「東京喰種」
など、さまざまなアニメーションや漫画作品とコラボレーションした商品の展開を行っている。
今回のコラボ商品もその一環となる。

タニタは今後も、それぞれの作品が持つ魅力や世界観をファンと共有しながら、同社の商品・サービスに触れる接点を増やしていき、より多くの人の健康づくりをサポートしていきたいとしている。


ITライフハック 関口哲司