JYJ ジェジュン&ユイ&チョン・ヘソン&B1A4 バロ「マンホール」初放送を前に4ショット公開

写真拡大

韓国で本日(9日) 放送スタートする「マンホール」の俳優らが本放死守(本放送を見ること) を促す写真を公開し、期待を高めた。

KBS 2TV新水木ドラマ「マンホール−不思議の国のピル」(演出:パク・マニョン、ユ・ヨンウン、脚本:イ・ジェゴン、制作:CELLTRIONエンターテインメント)が本日第1話の放送を控え、俳優たちの本邦死守を促すメッセージを公開し、ドラマへの好奇心を刺激した。

「マンホール」は、無職のポン・ピル(JYJ ジェジュン) が偶然マンホールに落ちることから繰り広げられるバラエティ満載のタイムスリップを描いたランダムタイムスリップドラマだ。マンホールから始まり、どのように展開されるか分からないポン・ピルのタイムスリップは細かい行動一つで現実がめちゃくちゃになってしまう想像を超えるバタフライ効果を招く。28年間も片思いしている女友達の心を掴まなければならず、歪んでしまった現在も元に戻さなければならないポン・ピルのタイムスリップが熱さを吹き飛ばす笑いを届ける予定だ。「不思議の国のピル」というサブタイトルほど尋常ではないポン・ピルの面白いタイムスリップが視聴者の心を掴むと期待される。

公開された写真の中にはジェジュン、元AFTERSCHOOL ユイ、チョン・ヘソン、B1A4 バロなど“トルベンジャーズ”(変わり者+アベンジャーズの意味) 4人の和気藹々とした姿が写っている。写真を見るだけで心が温かくなる4人の姿が放送への期待をより一層高める。

変わった時間旅行者でプータローのポン・ピルに扮し、デビュー以来見せたことのない衝撃的な姿を見せるジェジュンは「非常に暑いこの夏、爽やかで愉快なドラマ『マンホール』と共に楽しい時間を過ごしてください。今夜10時、ピルのタイムスリップが始まります。本放死守!」と愛情あふれるメッセージを伝えた。

ポン・ピルが28年も片思いした相手で“町の女神”カン・スジン役を演じたユイは「コメディジャンルは初めてで緊張しているし、ワクワクしています。何よりピルの初恋であるスジンというキャラクターをご覧になる方々に優しい目で見ていただければと願う気持ちで本当に一生懸命に準備しました。今日の初放送、必ず本放死守してください。頑張ります。『マンホール』ファイト」と初放送を控え、覚悟を見せた。

“トルベンジャーズ”の中でも特にストレートな性格のユン・ジンスク役を演じるチョン・ヘソンは「蒸し暑い夏に撮影を始めたのが昨日のようだが、いつの間にか放送スタート」と期待を伝え「早く放送を通じて私の目で直接撮影したものを見てみたいです。涼しくて愉快な魅力のあるドラマなので楽しくて見ていただければ幸いです。水木夜10時、本放死守」とウィットに富んだメッセージを伝えた。

優しくて人が良さそうに見える顔でいつも友達のポン・ピルを裏切るチャンスを狙う、突飛だが可愛いチョ・ソクテ役を演じるバロは「今夏みなさんに大きな笑いを届けるため監督とスタッフ、そして俳優さんたちみんな一緒に本当に一生懸命に、そして楽しく撮影しました。今夜10時!『マンホール』と共に暑さやストレスを吹き飛ばし、幸せな夜を過ごしてください。楽しみにしてください」と言い、期待を高めた。

「結婚して下さい!?」「ぶどう畑のあの男」などを演出したパク・マニョンプロデューサーと「特殊事件専門担当班TEN」を執筆したイ・ジェゴン脚本家が意気投合した「マンホール」は想像以上のユーモアを披露し、タイムスリップドラマの新たな歴史を切り開くと見られる。本日(9日) 午後10時、KBS 2TVで放送スタートする。