梅干しの酸味としそのさわやかな香りで食欲アップ! ごまを加えて栄養もたっぷり /調理=たくまたまえ 撮影=澤木央子

写真拡大

冷蔵庫の中も、私のエネルギーもスッカラカン……。そんなときこそ、ごはんのおともの出番です。おかずの品数が少なくても、食欲がなくても、これさえあればごはんがモリモリ進みます。

ほかにも「作り置き」のレシピをチェック!

今回ご紹介する3品は、梅の酸味としその香りがさわやかな「ひじきの梅しそふりかけ」と、刺激的な辛さが夏にぴったりの「麻婆肉みそ」。そして旬のゴーヤーをたっぷり使った「ゴーヤーのつくだ煮」の3品です。すべて冷蔵庫で4〜5日保存可能なので、今作っておけばお盆休み中はラクできるはず!

■ 【ひじきの梅しそふりかけ】

<材料>(作りやすい分量・1カップ分)

青じそ20枚、梅肉大1個分、芽ひじき(乾燥)10g、白いりごま大さじ2、合わせ調味料(しょうゆ、酒、砂糖各大さじ1)、ごま油

<作り方>

(1)ひじきは袋の表示どおりに水でもどして水けを絞る。しそはせん切りにする。

(2)鍋にごま油少々を熱し、ひじきを炒め、全体に油がまわったらしそと梅肉を加えてさらにさっと炒める。

(3)合わせ調味料を加えて約4分炒め煮にし、汁けがなくなってきたらごまを加えて混ぜる。※冷蔵で約5日間保存可。

(83kcal、塩分5.2g)

■ 【麻婆肉みそ】

さわやかな香りとしびれるような辛みが特徴の山椒の仲間・花椒(ホアジャオ)がおいしさのカギ。スーパーのスパイス売り場で購入することができるので、ぜひチャレンジしてみて。冷蔵で4〜5日保存可能。

(1117kcal、塩分11.3g)

■ 【ゴーヤーのつくだ煮】

しめじと削りがつおのうまみがきいたご飯のおとも。冷蔵で4〜5日保存可能。

(206kcal、塩分2.6g)