トッド・ヘインズ監督、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの映画制作

写真拡大

『エデンより彼方に』『アイム・ノット・ゼア』『キャロル』などで知られるトッド・ヘインズ映画監督が、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドキュメンタリーを制作するそうだ。

◆ヴェルヴェット・アンダーグラウンド画像

『Variety』によると、ヘインズ監督は月曜日(8月7日)、名誉金豹賞を受賞したロカルノ国際映画祭で、この新プロジェクトについて明かしたという。彼は、バンドをドキュメントしたものがほとんどないことから挑戦にはなるが、「資料や曲、アーカイブ映像、映画、実験的作品をリサーチし、掘り下げるのを楽しみにしている」そうだ。生存するメンバーのインタビューも収録したいという。

ヘインズ監督は、『アイム・ノット・ゼア』ではクリスチャン・ベール、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ケイト・ブランシェットら6人の俳優にボブ・ディランを演じさせ、彼の半生を描いた。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの作品は、彼にとって初のドキュメンタリーとなる。タイトル、公開日はまだ明かされていない。ヘインズ監督はペギー・リーのバイオグラフィ映画も制作すると伝えられている。

Ako Suzuki