8日、韓国メディアは、韓国の教授が約10年にわたり私費を投じて集めた独島と韓国近代史関連の資料を独立記念館に寄贈したと伝えた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は韓国にある独島体験館。

写真拡大

2017年8月8日、韓国・YTNなどは、韓国の教授が約10年にわたり私費を投じて集めた独島(日本名:竹島)と韓国近代史関連の資料を独立記念館に寄贈したと伝えた。

記事によると、韓国の独立記念館は8日、開館30周年を記念し、公州大学のキム・ナムフン教授が寄贈した資料を公開した。キム教授が寄贈した約1100点の資料には、日本の近代に発刊された地図類、地理の教科書、リーフレットから西洋の古地図まで含まれている。中には「日本海」が「Sea of Corea(韓国海)」と表記されている英国の地図制作者ヘルマンモールが1712年に作成した日本の地図や、独島を韓国の領海に含めた日本の中学校の教材の最も古い版本(1922年)もあるという。

独立記念館は「日本からの解放から1960年代までの韓国の独島関連の研究成果や1945年以降の独島をめぐる日本の対応など、独島関連の歴史的沿革が体系的に分かる資料がそろっている」と説明した。

キム教授は日本が「竹島の日」を制定した2005年から、独島関連の資料をインターネットのオークションなどで購入してきた。キム教授は「国民が正しい日韓の歴史を知れるよう大事な資料を寄贈した」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「立派な人だ」「彼は真の愛国者。こういう人が国会議員になるべき」「尊敬する。非常に価値のあること」などキム教授に対する称賛のコメントが寄せられている。

また、「国がすべきことを個人が私費を投じてするなんて。本当に恥ずかしい」と政府に不満を示す声や、「政府は全ての費用を負担し、賞を与えるべきだ」と主張する声も。

そのほか「韓国の問題点は管理が苦手なこと。集めるのは得意なのに…」「独立記念館の職員がその大事な資料を汚したり、紛失したりしないか心配」など今後の管理に不安を示す声もみられた。(翻訳・編集/堂本)