ラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

グレツキー氏がテニス界のレジェンドを称賛「エリートレベルでい続けることを尊敬」

 男子テニスのロジャーズ・カップが7日(日本時間8日)、カナダのモントリオールで開幕した。世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)と同3位のロジャー・フェデラー(スイス)も参戦するが、カナダが生んだ「アイスホッケーの神様」も2人をリスペクトしているとATPワールドツアー公式サイトが伝えている。

 同大会の初日、ATP公式サイトの取材に応じたのはウェイン・グレツキー氏だ。北米四大スポーツと称されるNHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)で4度のスタンレーカップ優勝、史上最多となる894ゴールをマークするなど圧倒的な実績を残し、「ザ・グレートワン」の異名を取った。

「カナダでこのような大きなイベントが開催されることは、素晴らしいことだね」と語るグレツキー氏。38歳までアイスホッケー人生を送っただけに、ナダルとフェデラーが30代に突入した今もなお世界のトップに君臨していることに感服しているようだ。

 記事では、「いちスポーツファンとして、エリートレベルでい続けることを尊敬している」と切り出し、言葉を続けている。

「スーパースターはプレッシャー下でのプレーを求めている」

「エリートのレベルに辿り着くことは本当に難しいし、長期間にわたってそれを維持するとなればなおさらだ。ナダルより少し年上のロジャー(フェデラー)はもう少し長い期間だけど、ただ、2人とも本当にスポーツ選手としては信じられないものだよ。彼らがお互いに対抗し、激しい競争をしているのを見るのは魅力的で、お互いに敬意を払っている」

 また、グレツキー氏は記事で「人々が取り組んでいることに情熱があれば、違うレベルへと辿り着く。個人的に思うのは、『普通のスター』と『スーパースター』を隔てるのは、スーパースターが“プレッシャー下”でのプレーを求めていることだ。彼らは決勝の舞台を求めているし、2-2の第5セットさえも求めているように感じる。それも彼らにとっては快適なんだろう」と、ギリギリの状況に追い込まれてもプレーを楽しんでいると分析している。

 ナダルは今大会でベスト4以上であれば2014年7月以来の世界ランキング1位へ復帰、8日に誕生日を迎えたフェデラーは36歳となって初の優勝を狙う。「アイスホッケー界の神様」と謳われたグレツキー氏が敬意を表したように、2人のレジェンドの飽くなき意欲は、競技の枠を超えて称賛に値するのは間違いない。