PSGで再び3人が共にプレーするのか?

写真拡大

ネイマールとダニエウ・アウベスのフランスでのコネクションは、新しい主役を欲しがっている。
2人のブラジル代表がPSG移籍を説得するために声をかけたとされる選手は、チリ代表FWアレクシス・サンチェスである。

【関連記事:サンチェス移籍 可能性「大」】

チリの新聞『El Merculio』は6日、ネイマールとアウベスが「PSGに来いよ!」とバルサ時代の元チームメイトに声をかけたと報じた。同紙は、コミュニティ・シールド決勝のチェルシー戦にも出場叶わなかったサンチェスについて、アーセナルへの警告として英国メディアまで届くような爆薬を報じている。

イギリスのメディアでは、ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティがサンチェス獲得間近であると報じている。

しかしながら、ネイマールは2回目の思わぬ幸運を得ようと試みている。ダニエウ・アウベスの件と同じように、エティハド(マンチェスター・シティの本拠地)のグアルディオラの下へ行く選択を捨てさせ、パルク・デ・プランス(PSGの本拠地)に針路を変えるよう説得するつもりだ。

アウベスも再びアレクシス・サンチェスとのプレーを望んでおり、ネイマールにPSG移籍を説得されたことを数日前に認めている。アレクシスは来シーズンまで契約が残っているため、移籍金は5,500万ユーロ(約70億円)と見られている。