バルサ会長がメッシ&イニエスタの“忠誠心”讃える ネイマール売却で得た286億円は「賢く使う」 

写真拡大

バルトメウ会長が会見 ネイマール売却は「バルサにとって良い方向に進む」

 ブラジル代表FWネイマールのバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍は、サッカー史上最高額となる2億2200万ユーロ(約286億円)という驚愕の移籍金を生んだ一方で、バルサ側としてみればしこりを残す“別れ”となった。

 現地時間7日に会見に臨んだジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、二人の生え抜き選手の名前を持ち出し、クラブの姿勢を断固として打ち出している。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 バルトメウ会長はバルセロナ市内で行われたファンミーティングに出席。この場でファンに向けて、今回の移籍について「ネイマールは今はもう歴史となり、彼自身も出て行きたいと思った」と切り出し、こう続けている。

「我々はネイマールが出て行く可能性があると考えたので、違約金を引き上げることにした。今、我々は代わりの選手を探しているところで、何が起ころうともバルサにとっては良い方向に進む。もし彼が残留していれば偉大な選手だし、もし出て行くなら多くの移籍金を残してくれるからね。2億2200万ユーロは賢明に、厳密に使わなければならない」

 PSG移籍によってもたらされた移籍金は、結果的にバルサに利すると主張している。それと同時にトップに立つ存在として、クラブの方針を今一度口にしている。

「我々は誰かによる所有物ではない」

「我々は118年の歴史を持つクラブで、素晴らしい選手、14万人のソシオを持っている。誰かによる所有物ではない。レオ・メッシやアンドレス・イニエスタが見せている忠誠心はその一例だ。レオ・メッシはその側面でも、リーダーであり続けるのだ」

 このコメントに対して、レアル・マドリード寄りの同紙は「バルトメウはネイマールに怒り。バルサより偉大な人はいない」と煽り気味のタイトルをつけている。とはいえ、ラ・マシア(バルサの下部組織)で育ちバルサ一筋を貫いているメッシやイニエスタこそ、クラブのアイデンティティーであると改めて明言したことは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images