自分のバストサイズをしっかり把握している人って、実際はあまり多くありません。バストサイズの間違ったブラジャーを着け続けていると、胸を上手く支えられないだけでなくバストが小さくなってしまうという事態も…。自分に合った正しいブラジャーの選び方について簡単にご紹介していきます。

ブラジャーが合わないとバストダウンに繋がる

ブラジャーのサイズが合わないだけでどうしてバストのサイズが小さくなるのか…なんて思っていませんか?ブラジャーはただバストを支えるだけではなく、胸の形を整える働きも持っています。もしサイズの合わないブラジャーを着けていると、バストのお肉が背中に流れていってしまい、バストのボリュームが小さくなってしまうのです。また、バストが上手く支えられないせいで胸の形が綺麗にまとまりません。女性の象徴でもあるバストを美しく保つためには、サイズの合ったブラジャー選びが欠かせませんね。

バストのサイズをしっかり測る

まずはバストのサイズをきちんと測ることが大切です。バストサイズは、「トップバスト」から「アンダーバスト」を差し引いたものです。トップバストはバストの一番膨らんだ部分、アンダーバストはお腹に一番近いバストの始まりの部分。自分で測る場合は、直角におじぎをしたような状態で測ると正確な数値を計測できます。最も確実なのは、下着屋さんで店員さんに測ってもらうことです。

購入の前に必ず試着をする

ブラジャーを買うとき、多くの人が試着をせずに購入してしまいがちです。通販などを利用している人は要注意。表示されているサイズが自分のバストサイズと合っていても、素材やつくりが合わなければバストに負担をかけてしまいます。自分に合ったブラジャーを探しに行くなら、必ず購入の前に試着をしてみてくださいね。試着の際には、正しい着け方(ソレ間違っていない? ! バストをキレイに見せる下着の着け方)でブラジャーを着けてくださいね。

胸の大きさに合わせてブラジャーの種類を選ぶ

ブラジャーには、「育乳ブラ」と呼ばれるバストのボリュームを出すブラジャーがあります。他にも、バストを全体的に覆う「フルカップブラジャー」やバストを持ち上げる「ハーフ(1/2)カップブラジャー」など…。バストサイズの大きな人であればカップ面積の大きなフルカップを、小さな人であればカップ面積が小さめのハーフカップを選ぶのがおすすめです。ただし、実際にはバストの形は人それぞれです。自分ではよく分からない、という人は専門店の店員さんなどに相談してみるのがおすすめです。


writer:さじや