発売前に配信された『HomePod』のファームウェアから、iPhone 8で使えると思われる新機能が発見されました。

iPhone 8が「画面を見ている・見ていない」を検知?

HomePodのファームウェアによれば、FaceTimeカメラと赤外線センサーによって顔認証を行う「Face ID」がiPhone 8に導入されるようです。

このカメラやセンサーは顔認証だけでなく、画面を見ていないときはiPhoneを自動ロックする機能や、拡張現実(AR)アプリでも利用できると考えられています。

今回@_insideがHomePodのファームウェアから発見した記述によれば、ユーザーがiPhone 8の画面を見ているか否かを検知し、通知音を鳴らす・鳴らさないを判断する機能がiPhone 8で利用できるようです。


現在は、iPhoneのロックを解除しているか否かに関わらず、通知を受け取ると通知音が鳴ったり、iPhoneが振動したりします。

関連する記述が見つかったからといって、iPhone 8や『iOS 11』でこの機能が使えるとは限りません。発売前に削除されたり、今後のアップデートでの配信に変わったりする可能性もあります。

参考

@_inside - Twitter