アイドルネッサンス

写真拡大

アイドルグループのアイドルネッサンスが、6日までお台場地区で行われたアイドルイベント『TOKYO  IDOL FESTIVAL 2017』に出演。多くの出場アイドルのなかでもひときわ爽やかな存在感で注目を集めた。

2日目で唯一のライブはZepp DivercityのHEAT GARAGEにて。トレードマークである、全身純白のセーラー服で登場したメンバーたち。元気で爽やかなイメージが強いアイドルネッサンスだが、この回は『Music Lovers』、そしてTRICERSTOPSのヒット曲『Raspberry』のカバーで、序盤からスタイリッシュでダンサブルなイメージで会場を盛り上げた。

これまで、Jポップの魅力の再発見を目指し、主にポップス、ロックの名曲をカバーしてきたアイドルネッサンスだが、8日には初のオリジナル曲収録のミニアルバム『前髪がゆれる』をリリース。この回のライブでは、その中から『交感ノート』を披露。最後は『Good day Sunshine』で爽やかに元気いっぱいに締めくくった。

アイドルネッサンスは3日間ともに出場。最終日には屋外のSMILE GARENの大トリを務め、観客を大いにわかせた。

■関連ニュース

アイドルネッサンスのサマーツアーが開幕 10/28ディファ有明にて自身最大規模のライブ開催を発表 (2017年07月29日)【アイドル横丁夏まつり】アイドルネッサンス、清涼感あふれるフレッシュなステージを披露 (2017年07月11日)