「プロデュース101」出身キム・ヨングク&キム・シヒョン、デマや悪質な書き込みに対し告訴状を提出“強力な法的対応”

写真拡大

ヨングク&シヒョンが悪質な書き込みを掲載するインターネットユーザーに強く対応する意思を明かした。

昨日(8日)、ヨングク&シヒョンが所属しているCHOONエンターテインメントは、公式報道資料を通じて「ヨングク&シヒョン及びキム・ヨングクとキム・シヒョンに向けた悪意的な誹謗、人身攻撃性のある発言、虚偽事実と悪性デマの生成及び異議コピー、流布などを通じた拡大再生産行為が、無分別かつ頻繁に発生していることに対して、関連法務法人『テイル』とともに法律的な検討を終えた」と伝えた。

CHOONエンターテインメントによると、CHOONエンターテインメントはヨングク&シヒョンに対する悪意的な誹謗に対して、作成者及び流布者を相手に「情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律に基づいたサイバー名誉毀損罪及び侮辱罪」で刑事告訴し、強硬対応する方針だという。

特に、CHOONエンターテインメントは「程度とレベルが受忍限度を超えると判断されるケースに対して、告訴状を提出する予定だ」とし「善処と例外なく、不法ケースについて強力な法的対応を行い、自社所属のアーティストにこれ以上被害が起こらないように、積極的に努力する」と強調した。

Mnet「プロデュース101」シーズン2出身のヨングク&シヒョンは最近、ミニユニットアルバム「the.the.the」を発表した。

【公式コメント全文】

こんにちは。CHOONエンターテインメントです。
当社は、自社所属のアーティストであるヨングク&シヒョン及びキム・ヨングクとキム・シヒョンに向けた悪意的な誹謗、人身攻撃性のある発言、虚偽事実と悪性デマの生成及び異議コピー、流布などを通じた拡大再生産行為が、無分別かつ頻繁に発生していることに対して、関連法務法人『テイル』とともに法律的な検討を終えました。

これを受け、オンライン及びモバイルの 1) ポータルサイト内のカフェ 2) 芸能コミュニティ 3) DC inside ギャラリー 4) オンラインマスコミ記事の書き込み 5) NAVERのライブ映像配信アプリ「V」への書き込みなどで発生した悪意的な誹謗に対して、作成者及び流布者を相手に「情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律に基づいたサイバー名誉毀損罪及び侮辱罪」で刑事告訴し、強硬対応する方針です。当社は、持続的なモニタリングと採証作業を通じて、名誉毀損被害事例を収集してきました。このうち、程度とレベルが受忍限度を超えると判断される事例に対して、告訴状を提出する予定です。

また善処と例外なく、不法ケースについて強力な法的対応を行い、自社所属のアーティストにこれ以上被害が起こらないように、積極的に努力します。

当社は、今後も自社所属のアーティストに追加的な被害が起こらないよう、迅速に措置します。

ありがとうございます。