ダリア・カサトキナ【写真:Getty Images】

写真拡大

カサトキナがネットに背を向けたままラケット一閃…まさに「ファンタスティック」

 7日に開幕した女子テニスのロジャーズカップ(トロント)で、ロシアが誇る20歳の新鋭に観る者の度肝を抜く「股抜きショット」が飛び出し、WTA公式ツイッターは「ショット・オブ・ザ・デイ」と動画付きで紹介。「女子選手が股抜きするのは観たことがない」「ファンタスティック」とファンを魅了している。

 女子選手では稀有な大技を見せたのは、世界ランキング38位のダリア・カサトキナ(ロシア)だ。

 1回戦の世界ランク39位のロベルタ・ビンチ(イタリア)戦。見せ場は試合序盤に訪れた。

 第1セットの第2ゲーム、相手のサービスから始まったラリー。カサトキナはフォアハンドで鋭いリターンを返し、ビンチのスライスショットを右サイドに深く打ち込む。しかし、相手のドロップショットに前につり出されると、がら空きのバックコートにロブショットを放たれ、万事休すかと思われた。ところが――。次の瞬間、衝撃の光景がコートに広がった。

 ネット際まで飛び出していたカサトキナは懸命に戻って、ワンバウンドしたボールに追いつくと、ネットに背を向けたままラケットを一閃。身長170センチの自らの股下を抜き、ボールを打ち返してみせた。

 ボールは男子選手顔負けの猛スピードで敵陣に向かい、ベースライン際に豪快にイン。これには、返球を試みたビンチも諦めざるを得ず、あまりに完璧なパッシングショットに試合中ながら手でラケットを叩いて称えたほどだった。まさかの“股抜き”に会場は大興奮。拍手喝采となり、カサトキナは少し遅れて照れながらも笑顔を見せた。

大会公式サイトも称賛「信じられないようなホットショットで本戦の幕開けを告げた」

 20歳の新鋭の美技に大会公式サイトは「カサトキナは信じられないようなホットショットでメインドロー(本戦)の幕開けを告げた」と動画付きで速報。WTA公式ツイッターも「これは素晴らしい。カサトキナが股抜きを繰り出した!」と伝えると、ファンから絶賛の嵐となった。

「素晴らしい股抜きだ」

「ショット・オブ・ザ・イヤー」

「ブラボー」

「最高のショット、ファンタスティック…」

「ワォ、女子選手が股抜きするのは観たことがない」

 WTA公式サイトでは、股抜きに関するカサトキナのコメントを紹介している。

「私が小さかった頃、たぶん10歳の時かしら。なぜかは分からないけど、どうすれば股抜きができるのか学ぶことを思い描いていたの。私たちのアパートには、何もない壁があって、そこでロブや股抜きを1日2時間、毎日練習していた。意図的に練習していたけど、今日はそれが功を奏したわ」

 勢いに乗ったカサトキナは試合にストレート勝ち。続く2回戦で世界ランク5位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)に敗れて3回戦進出はならなかったが、今年4月のボルボ・カー・オープンでWTAツアー初優勝を飾った新鋭から目が離せない。