「王は愛する」ZE:A出身イム・シワン、少女時代 ユナに警告

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「王は愛する」のワン・ウォン(ZE:A出身イム・シワン) がウン・サン(少女時代 ユナ) の婚礼を中断させた。

昨日(8日) 韓国で放送されたMBC月火ドラマ「王は愛する」で、ワン・リン(ホン・ジョンヒョン) はワン・ウォンの元を訪れて、兄の結婚を止めてほしいとし「僕にできることがない」と話した。部下たちはワン・ヨン(キム・ホジン) 宅の婚礼は殿下が許したことであり、婚礼を止めるのは王命に逆らうものだと話した。

しかし、ワン・ウォンは婚礼を防ぐために判府事宅に向かった。ワン・ウォンは「ご存知でしたか? 判府事宅が持っている財産を」とし、判府事の財産を並べあげた。また、判府事に「何かの脅迫でも受けたんですか?」と聞いた。

ワン・ウォンは、ウン・サンに「この婚礼を中断させなきゃならない。こんな者とはなるべく距離をおいたほうが良い」と話した。