レアル・マドリーMFガレス・ベイル

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリーMFガレス・ベイルの獲得を断念した。

 8日のUEFAスーパー杯前にモウリーニョ監督は、「もし彼がプレーするなら、それは(レアルに)残るという明らかなサインだ。監督やクラブの構想に入っているということだし、彼自身も残りたいと願っていることになる」と話していた。

 そして、ベイルは先発出場を果たすと、後半7分にMFイスコのゴールをアシスト。後半29分までプレーして、レアルの2-1の勝利に貢献した。

 クラブ公式ウェブサイトによると、「ベイルは残留か?」と問われたモウリーニョ監督は「そう思う」と話すと、ベイル獲得を断念すると続けた。

「レアルは確実に彼を必要としている。監督が彼を求め、彼もクラブに残りたいのだろう。つまり、私に付け入る隙はない。試合前から分かっていたことだ。もう彼が残留することは分かっているのだからね」


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2017-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集