撮影:築島渉

写真拡大

 9日放送の『ビビット』(TBS)では、不倫疑惑報道が出ているお笑いコンビ雨上がり決死隊・宮迫博之について特集。コメンテーターのオリエンタルラジオ・中田敦彦が先輩芸人にあたる宮迫について苦言を呈した。

 番組では週刊文春デジタル提供の、宮迫への直撃取材動画を放送。自身の不倫疑惑を「真っ白」ではなく「オフホワイト」であり、肉体関係などはない「お友達」だと説明する様子を放送した。中田は、宮迫の取材での返答には、文春側が情報を小出しにして報道する傾向があるため、その後の報道を考えると「一言一句ミスれないという緊張感」があるとコメント。また、もしも"オフホワイト"が本当は"黒"であるなら、「笑いで済ませてきた過去があるかもしれないけれど、今は笑いで済ませれる時代でもないし、笑いで済ませられるレベルではないと思う」と、宮迫の対応の不適格さを揶揄した。

 さらに「もしホワイトであるなら説明する義務があるし、闘病を支えてきた奥さんに対してもあるのかなと思う」と、2012年にステルス性胃がんが発覚し闘病生活を送った宮迫を支えた妻への説明責任があるときっぱりと口にしていた。