最初の一年は楽しくても、二年、三年と付き合っていけばだんだん飽きてきてしまうもの。特に好きな気持ちが持続する期間は三年が限界だと言われているので、三年たっても彼から愛される女性はとても珍しいですし、同時に憧れちゃいますよね! そこまで愛される女性は、それなりの恋愛テクニックを持っているのではないでしょうか……!? そんなわけで今回は、何年たっても溺愛される、「愛され彼女」の特徴をご紹介しちゃいます!

愛され彼女の特徴って?

彼に「かわいいね」と言われるための努力をしている

メイクやファッションをサボらず、彼と会う時はいつも気合いを入れたり、しぐさや行動も彼のツボをしっかり押さえている女性は、「かわいいね」と言われ続けます。自己満の努力ではなく、彼のために努力をしているというのが重要! 手抜きな部分を見せるのは少しだけ! それが普通になってしまうと「女を感じない」なんて言われてしまうので気をつけましょう。

彼の変化にすぐ気づける

体調が悪かったり、嫌なことがあった時に「なんかあったの?」「大丈夫?」とすぐ異変に気づいて声をかけてくれるのはうれしいもの。「俺のこと見ててくれてる」「周りは気づかなったのに彼女だけは気づいてくれた」という特別感が、さらに彼の気持ちを盛り上げます。

尽くしすぎない

彼に尽くしたほうが愛されると思われるかもしれませんが、尽くすことにも限度があります。尽くしすぎれば飽きられてしまいますし、尽くさなすぎても愛がないと思われてしまうんです。本当に“彼のため”だと思えることだけ尽くしてあげたほうが愛が伝わりやすく、彼に飽きられる心配も少なくなります。

彼を笑顔にすることを一番に考える

今日の出来事をおもしろおかしく伝えたり、彼の好きなものを買って帰ったり、彼を笑顔にすることを付き合っていく上で一番大切にすると、その優しさや思いやりが彼に伝わります。「○○してあげる」ではなく、「○○してあげたい」精神が大切です。

時々つらいことや悩んでいることを相談する

男性は彼女に頼られたいと思っています。常に頼られると疲れてしまいますが、悩んでいることやツラいことがあれば定期的に相談しましょう。相談されることは頼られていると実感しやすいので、普段彼に尽くしているのであれば、彼はあなたのために張り切ってくれるはず!

普段は彼のために尽くしていてたまに頼るという、そのバランスの良さが長続きのヒケツです。長く付き合うと思いやりを忘れてしまいがちですが、「彼のため」という気持ちを持つだけで、誰でも愛され彼女になれちゃうんです! ケンカすることもあると思いますが、いつまでも思いやりを持って向き合ってみてくださいね。