便利タップ「TAP-B53W」(写真: サンワサプライの発表資料より)

写真拡大

 サンワサプライは7日、机上にクランプで固定できる一括集中スイッチ付きタップ「TAP-B53W」を発売した。差込口は前面と背面にそれぞれ3個、計6個配置されている。サイズは幅178×奥行58×高さ50mm、ケーブルの長さは3mだ。標準価格は4,500円(税別)。

【こちらも】サンワサプライ、スマホを操作して複数のリモコンを1つにできるユニット

■差込口は前面と背面にそれぞれ3個ずつ配置

 「TAP-B53W」の差込口は前面に3個、背面に3個配置。計6個の差込口を用意している。ノートパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットの充電器など頻繁に抜き差しする機器は前面の差込口を利用するといいだろう。背面の差込口にはパソコンやディスプレイなど抜き差しを行わない機器を差し込むことで、電源コードを整理できる。

■安全面にも考慮した便利タップ

 机上にタップを固定したとき、抜き差しによってズレてしまうのではないか。「TAP-B53W」はクランプでしっかりと固定できるため、その不安を解消している。

 急いでいるときは電源の消し忘れがあるかもしれない。そんな時にタップ上のスイッチを1つずつ切るのも面倒だ。しかし、「TAP-B53W」には一括集中スイッチがあるため、これ1つですべての電源を管理できる。通電中はスイッチにランプがつくため、ひと目で状態がわかるようになっている。

 プラグ部分は、絶縁キャップ付きL型プラグを採用。背面の差込口にはシャッターが付いているため、ほこりの侵入によるトラッキング火災を防げる。

■シンプルデスクとの併用も

 サンワサプライは同日、直販サイト「サンワダイレクト」にてシンプルデスク「100-DESKH014〜018」も発売。耐荷重は40kg、高強度のメラニン化粧板を採用。サイズは60〜140cmの5段階で展開。販売価格はサイズによって異なるが、140cmで8,500円(税別)だ。

 「TAP-B53W」と併用できるシンプルなデザインのため、さまざまなシーンで利用できる。バックフレームが横揺れを防いでいるため、電子機器の使用にも向いている。