画像

写真拡大 (全2枚)

 LINEが提供するショッピングサービス「LINEショッピング」の会員数が、1ヵ月半で500万人を突破した。

 LINEは、同社が提供するショッピングサービス「LINEショッピング」において、2017年6月15日のリリースから1ヵ月半の8月1日時点で、会員数が500万人を突破したことを発表した。

 同サービスは、様々なジャンルの商品をLINEアプリ上から検索・閲覧できる総合ショッピングサービス。150を超える企業やファッションブランド、ショッピングモールの商品を展開している。ユーザーは商品購入に応じて、LINEポイントを獲得することができ、貯まったポイントは「LINE Pay」「LINEコイン」との交換が可能である。

 同サービスでは、特にファッションやインテリア、家具といったジャンルの商品に人気があり、現在は「ベイクルーズ」「ユニクロ(ユニクロオンラインストア)」「Wowma!(ワウマ)」なども新たに参加している。

 今後同社は、オンラインだけでなくオフラインとの連携も視野に入れ、よりシームレスにショッピングを楽しめるサービスを提供していく。

MarkeZine編集部[著]