画像提供:マイナビニュース

写真拡大

国土交通省は8月4日、シンガポール航空(SQ)の子会社で地域航空会社であるシルクエアー(本社: シンガポール)からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請について、同日付けで許可したと発表した。

シルクエアーは10月30日より、同社で初めてとなる広島=シンガポール間を結ぶ直行定期便の運航開始を予定。広島とシンガポールを結ぶ定期便は、月・木・土曜日の週3便での運航となる。

同路線には、ビジネスクラスとエコノミークラスを搭載したボーイング737-800を導入。乗客は機内食やワイヤレスによる機内エンターテインメントプログラムのシルクエアースタジオ、無料受託手荷物(ビジネスクラス: 40kg、エコノミークラス: 30kg)、およびシンガポールで乗り継ぎされるシルクエアーやシンガポール航空へのスルーチェックインなどを含む、フルサービスによる快適な旅を楽しめる。

今回の広島への就航により、シンガポール航空とシルクエアーの日本でのネットワークは、5都市6空港に拡大し(シンガポール航空は、日本には東京/大阪/名古屋/福岡の4都市に就航)、シルクエアーのネットワークに含まれる就航都市の数は、16カ国54都市(オーストラリア/カンボジア/中国/インド/インドネシア/ラオス/マレーシア/モルディブ/ミャンマー/ネパール/フィリピン/タイ/ベトナム/シンガポール/スリランカ)に増加する。