ロゴ

写真拡大

 シンガポール政府観光局が、現代アートのイベント「シンガポール:インサイド・アウト(Singapore: Inside Out)」を表参道のギャラリースペース「バンクギャラリー(BANK GALLERY)」で開催する。会期は8月25日から27日まで。
 「シンガポール:インサイド・アウト」は、さまざまな分野で活躍するシンガポールの一流アーティストを世界に紹介することを目的とした実験的なショーケースイベント。初回の2015年は、北京、ロンドン、ニューヨーク、シンガポールで行われ、国や分野を超えたコラボレーションのプラットフォームを提供した。第2弾となる今回は東京とシドニーの2カ所で開催予定で、都市ごとに多岐にわたる芸術作品や、国境を越えたコラボレーションなどを展開する。
 東京版では「ハイパーシティ(HyperCity)」をテーマに、シンガポールと日本のアーティストがデジタル都市時代移行にともなう文化現象を表現。シンガポールのマルチメディアシーンを代表するサウンドアーティストの1人として活躍するズル・マーモド(Zul Mahmod)と日本のクリエーティブスタジオ「プランティカ(Plantica)」のコラボレーション作品など、分野を超えた両国のアーティストらの作品が展示される。またアヴァンギャルドなデザインが特徴的なシンガポールのファッションデザイナー ジョサイア・チュア(Josiah Chua)は、「ハイパーシティ」をテーマにした2017年コレクションを発表。ディスコダニー(diskodanny)、アトリエ・ホコ(Atelier HOKO)、イルファン・カスバン(Irfan Kasban)、石巻工房、清水美帆なども参加する。
 クリエーティブディレクターは、シンガポールの「The StraitsTimes」紙が選ぶ「30 rising stars of Singapore under 30(将来が期待される30歳未満のシンガポールの新鋭30人)」に選出されたマルチデザイナーのクララ・イー(Clara Yee)。イベントアドバイザーは、デザイナーや教育者、起業家など多方面で活躍するエドウィン・ロウ(Edwin Low)が務める。クララは開催に向けて「東京会場の原動力となっているのは、クリエーティブ文化における新たな表現の可能性であり、アートの持つ矛盾に対する気付き。共に生きることに焦点を当てた新たな関係性構築の機会になると思っています」とコメントしている。