iPhoneに挿すだけでOK!手軽に立体的な音を録れるマイクがあるんです

写真拡大

スマホ一台で録音や録画ができる便利な時代になりました。もう、ICレコーダーやビデオカメラなどは必要ないのでは? という感じですが、欲を言うならもうちょっと録音サウンドのクオリティが高いといいのに……というニーズを受けて登場したのが、超小型ポータブルマイク「Lolly(ロリー)」。iPhoneなどのiOS端末に接続するだけで、簡単に臨場感のある3D録音ができるんです。

「Lolly」が使えるのは、Lightningコネクタの備わったiOS端末。LollyはMFi認証を取得済みで、iOSデバイスの充電口に差し込むだけでOKです。必要な電力は、iPhone本体からLightningポート経由で自動的に供給されるため、電池も充電も必要なし。さらに、Bluetoothや専用アプリなどの設定も必要なく、挿せばすぐに使えます。

▲イメージ:家族や友人とビデオ通話

ビデオでの動画撮影やボイスメモでの録音など、標準搭載のアプリでそのまま利用でき、そのままiPhoneに保存できるのが便利。そして「Lolly」の特長は、録音現場の空気を再現するような臨場感あふれる3Dレコーディング。正面・左・右から集音し、音の方向や距離と拡がりを3次元に記録します。iPhone内臓マイクと録り比べてみればその音質の差は歴然!

▲イメージ:他の音楽機材、アプリと組み合わせて録音

集音方向自動追尾機能を搭載しているため、カメラの自動フォーカス機能のように、デバイスの持ち方を変えると自動に集音方向を変えてくれ、フォーカスしたい音を安定してレコーディングできます。また、LOCKボタンを押すと集音方向がロックされ、指定の方向からの音にフォーカスして録音も可能です。

▲イメージ:自宅やスタジオでのDemo録音

本体についている “R” ボタンを押せば、空間的な深さを感じさせるリバーブエフェクト(反響音)をかけられます。「GarageBand」ほかさまざまな効果音・レコーディングアプリに対応しており、録音した音を簡単に編集できます。

▲イメージ:自撮り動画を撮影

色も形もキュートなこのガジェットは、ソフトバンクの消費者参加型プラットフォーム・+Style(プラススタイル)にて7990円で発売中。プロユースのスタジオ録音をしたい人、YouTubeにアップする動画を撮りたい人、会議の議事録を録りたい人は、ぜひお試しあれ。

>> +Style「Lolly」

 

(文/&GP編集部)