ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)「 Summer Dream」

哀愁をまとった、夏に聴きたいラブソング


照りつける太陽、目の前に広がる青い海、そして水着ギャル(笑)。夏だからこそ歌える、開放的なパーティーソングで仲間と一緒に盛り上がるのもいいですが、年齢を重ねるにつれ、ふと夏が切ないものに変わる瞬間ってありませんか?


去年は無邪気に夏を楽しめていたはずなのに、今年は無性に寂しく感じてしまう。「あぁーこれで夏も終わってしまうのか」「今日はワイワイはしゃいでいたけど、明日になったらみんな各々の生活に戻るんだなぁ」と。


夏の魔法が解ける、どうしてもセンチメンタルになる──。そんな夏の哀愁をまとっているのが、ジョン・ヨンファの「Summer Dream」。


先日公開されたミュージックビデオに『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』やUNIQLOの“私をいちばん軽くする服。ユニクロのブラトップ2017”CMで人気急上昇中の“世界レベル”のモデルこと、ローレン・サイがゲスト出演していることでも、話題を集めています。








お疲れ様です thank u


A post shared by ローレン サイ (@laurentsai) on





ラブラブなカップルは、もうここにはいない?


ジョン・ヨンファとローレン・サイが、一緒に自転車に乗ったり、自撮り棒で写真を撮ったり、ポラロイドで互いを撮影しあったりと、美男美女カップルの何気ない日常を切り取ったミュージックビデオ。



劇的なデートでなくても、ふたりで一緒にいられたらそれで良い(見つめ合いながらの笑顔、素敵ですね)……というラブラブっぷり全開でうらやましい限りですが、どこか物悲しげな雰囲気。


よく観てみると、彼女が登場するシーンはややセピアな色合いで、ヨンファ単独でいるシーンと対比ができています。これはヨンファの記憶(思い出)なのか? だとすると、ふたりの関係はもう……と考えてしまうから切なく感じるのかもしれません。


離れたところから浜辺で向かい合う、ラスト


また、ふたり一緒にいるときの笑顔とは裏腹に、互いがひとり物思いにふけるシーンでは真顔。それぞれが“何か”を抱き、考える。そのシリアスな表情があるからこそ、笑顔がいっそう輝いて見えます。



参照元:YouTube ジョン・ヨンファ(from CNBLUE) - Summer Dream【Official Music Video】

さらに、“NEVER BREAK THIS SUMMER DREAM”で締めくくられるラストの浜辺では、ラブラブカップルから何やら様子の変わったふたりが向かい合うことに。懐かしむために訪れたのか、それとも一歩進むために訪れたのか。


どんな想いでヨンファがこの歌をうたっているのか? この主人公たちが置かれている状況は? “Summer Dream”という言葉に込められた意味を、じっくりと考えながら聴いてみてください。


TEXT BY ジャガー








활동 끝까지 응원해주셔서 감사합니다. 덕분에 화이팅 할 수 있었습니다. 언제가 될 지 모르겠지만 우리 또 만나요!! 🤙 감사합니다~!


A post shared by 정용화 (@jyheffect0622) on